近親姦 INCEST

一加害者の心 in Japan and Beyond

22 ネーム描き始めた

斉氣心の自伝 「夜が怖いのは家の外だけじゃない」

22 一万文字のブログ記事が消えたから

22  自分にやさしいこと・嬉しかったこと

・昨夜、焼き鳥を食べにいった ・気づいたら一晩中、ブログを書いていた ・それがなぜか全部消えて悲しい ・シャワー浴びた。二日連続 ・図書館で本を3冊借りた: 「子どもの性的虐待」 「東京老舗の名建築」 「東京百年老舗」 ・フリマアプリで売れた食品を…

【13】斉氣心(さいけ・こころ)のプロフィール

20 私は近親姦の加害者:弟へ性的侵害

私は近親姦の加害者:弟へ性的侵害 弟の性器に初めて触れて驚く 「ク○ヨンしんちゃん」のマネ 性的侵害がますます暴力的に 問題行動 弟の性器に初めて触れて驚く 私より2歳下の弟は幼児期、よく下半身を丸出しにして走り回っていた。 当時はそのことを疑問に…

20 初めて嘘をついた日

「初めて嘘をついた日」 私は幼児期〜幼少期の記憶はあまりないが、鮮明に覚えている記憶がいくつかある。 一つ目は、推定4歳時に受けた父親からの強制わいせつ(フラッシュバック注意)。 二つ目は、初めて嘘をついた日 4、5歳の頃、母親が作っている途中のケーキ…

20 スターを見て、闇に徹しようと改めた

中田敦彦さん(以後、敬称略)のYouTube番組『Win Win Wiiin』で、コムドットやまとさん(以後、敬称略)がゲスト出演した回を観て、今最も勢いのある新世代のユーチューバー(仲良し男子5人組)の存在を初めて知った。自分とは対照的なキラキラ輝くスターを…

21  人の痛みがわからないほど幸せになりたくないけど、人の痛みがわかりすぎるほど苦しみたくない

今朝は、YouTuberで今一番人気という男性仲良しグループのリーダーのインタビュー動画を観て、複雑な気持ちになった。 彼らは自信に満ち溢れていて、楽しいと思うことをやっていて、仲間と共に大成功しているという話を聞いて、単純にすごいな〜と感心する。…

19 私が障害年金を検討しているワケ

持病のうつ病で、仕事も日常生活もままならなくなっている私。年中無休・日中も夜中もワーカホリックだった頃に稼いで(でも他人に「NO」が言えず、ほとんど散財した)わずかに残っている貯金を切り崩している。でも、それが尽きることを想像すると不安で不…

19 鬱→鳥居みゆき→性被害→精神病→

鳥居みゆきが好きになった話 人の負の感情への共感力が深い 鳥居みゆきが好きになった話 「鳥居みゆき」の顔がとつぜん浮かぶ 「闇」と鳥居みゆき 「素」の鳥居みゆき 「性被害者」と鳥居みゆき 「どん底のとき、何を考えて生きてきたのか知りたい」 まとめ …

19 サンクコスト

使ってないものの一部をメルカリやヤフオクに出品している。 不用品はまだまだある。 全部、売り払ってスッキリしたいのに 金額が高かった物ほど、サンクコストに縛られて、なかなか手放せない。 これは、私が過去に執着している証拠。 過去に執着していたら…

18 『ふつうの私のゆるゆる作家生活』

私は益田ミリさんの絵や文章が好きだ。 なんだろう、絵のシンプルさに加えて、内容と余白のバランスが絶妙。 四コマ漫画の中、ほとんど同じ絵で始まって終わることもざらにあるのに、吹き出しやナレーションの間がいい。 疲れている時、鬱な時に活字は辛い。…

18

幸せな人生を送るうえで最も大切なことは、 良い人間関係を築くこと。 これはハーバード大学で75年間にわたり行われた研究結果。 研究チームを率いるロバート・ウォールディンガーによると、 良い人間関係とは、困っている時、それが夜中であっても、電話で…

17

今日も一歩も外に出ずに一日が終わってしまうのか。 社労士に電話しなきゃいけないのに、電話できてない。 日中、太宰治のドキュメンタリーを流し聴きながら寝てしまった 寂しくて、彼に電話してしまった 口論になってしまった あなたが浮気したのは僕のせい…

【16】『30代いいオンナへの道』

https://amzn.to/3PBDiwk 益田ミリさんのエッセイ『30代いいオンナへの道』を読み始めた。 まるで「お姉ちゃん」とガールズトークをしているみたいで、私は癒される。 私が育った家庭では、私が「お姉ちゃん」だったので、私にも「お姉ちゃん」がいればいい…

【16】『先生、私の隣に座っていただけませんか?』

映画『先生、私の隣に座っていただけませんか?』*1を観て感動した。 夫の浮気を知った後の主人公・佐和子。その冷静さには見習いたいものがある。私は怒りと悲しみで冷静さを保てず、佐和子のように上手に復讐できなかった。 物語の最後には清々しさを覚え…

【16】

二、三ヶ月ぶりに散歩した、そんな自分に◎ まず向かったのは、図書館。『尼さんはつらいよ』と『昨日うまれた切ない恋は』を返却し、予約しておいた『小さいことが気になります』を借りた。 気になっていたコロンビアの防水スリッポンはなかったけど、同じシ…

About Cocoro Psyché

Cocoro Psyché is an incest awareness activist, from New York, currently based in Tokyo. In 1983, Psyché was born to Japanese parents who immigrated to the United States in the '70s. Her father molested her when she was about four years old…

【15】「通い妻」な私と、彼氏との「通い婚」

「通い婚」という言葉を知って、交際12年に及ぶ私と彼の「型にハメられない関係」を少し肯定できた。一方で「通い妻」という言葉の捉えられ方には、少々複雑な気持ちが残るが、解釈の仕方でスッキリすることもできる。 通い婚 通い妻 通い婚 「通い婚」とは…

【15】

今日の私もよくやった。 目覚めてから「メンタル強め美女白川さん3」を読んで、自分を前向きな気分にさせようと試みた。 9時半、朝ご飯に、とろろ蕎麦にせりを乗せて食べた。 昼ごろ、市役所に行って、転入届を提出。 ✔︎マイナンバー変更。 ✔︎国民健康保険の…

【14】転出届、善友との時間、刑法性犯罪、いろいろ

今日は二、三ヶ月ぶりに調子が良かった。 10時に善友のいるアパートに着いた。 12時まで、掃除をした。 転出届を出した。今日から私はXX区民ではなくなった。一歩前進。 善友が、カレーを食べたいと言ったので、新大久保まで一緒に歩いて行きつけのネパール…

【13】浮気

浮気をしたのは、交際相手と別れなかったからでもなく、浮気相手が好きだったからでもなく、自分と別れたかったからだった。 ・・・・・・・・・ ある日、突然、出会って間もない男から「明日デートしよ」と笑顔で言われた。 その男は、共通の知り合いカップ…

【13】「善友」の反対、避けるべき人

度々、人生につまづく時にお世話になっている和尚さんの悩み相談、YouTubeチャンネルの「大愚和尚の一問一答」。昨日も聞き流していたら「善友(ぜんゆう)」という言葉が気になった。*1 良き友と書いて「善友」。それは、友の心が不安定な時に、守ってあげ…

【12】彼氏は私の「善友」

一、友が無気力な時に守ってあげる 二、友が無気力になった時にその財産を守ってあげる 三、友が恐れ慄いている時に安心させてあげる 四、友が困ったときに、たとえ自分に用があっても、普段自分が発揮している倍の力を使って助けてあげる *1 これらは「善友…

今日の自分に◎

◎サイズの合わないスニーカーが売れた ◎使い道のないレターパックライトをプラスに交換して発送した ◎不用品が2つ手放せてスッキリした ◎「尼さんはつらいよ」を予約した ◎パソコンのリカバリを試みた ◎相見積もりもとった ◎『大愚和尚の一問一答』で「一夜…

【10】これまでの私を捨てる

彼の笑顔を見るのが大好き。 思わず写真を撮ってしまう。 その笑顔を自分の手で奪ってしまった。 私は彼がやりたい仕事を辞めさせてしまい、何度も浮気を繰り返した。 私は彼を傷つけ、結果、近づけなくなってしまって、寂しい。 けれど、私が仕事で長期的に…

【10】出家

引越しどうしようか。 引っ越しても、彼氏とまた一緒に毎日暮らすことにしたら、私は今までのように甘えてしまい、彼の精神は更に病んでしまうだろう。 だから、わたしは別居をしながら、彼に会いに行きやすい距離に住んでもらえるとありがたいと思ってる。 …

【8】信用を取り戻すことから始める

「私だったら信用を取り戻すことから始める」 彼氏が言ってくれた一言に希望を持てた。 役立たず 私たちはもう無理だと思う 別れた方がいいんじゃないか などを言い出したのはそっちでしょと言われた。 私は礼儀を知らないと指摘された。 もう疲れたと言われ…

【8】Non-Violent Communication (NVC)

彼氏にLINEである提案をしたら、トゲを感じる返信を受け、拒否されたように感じ悲しかった。 私は応戦し、彼から返ってきた言葉に更に怒りを感じた。 このままでは、彼のことが大嫌いになりそう。 焦った私は、非暴力コミュニケーション(Non Violent Communi…

【7】Incest in Japan: My Dad's Obscene Behaviors

For most of my life, I was in denial that my dad was a sick child molester, to say the least. He "groomed" me well and I played the role of "daddy's little girl" well into my adulthood. But as I have slowly but surely come to realize and a…