『きんしんかん:性加害のニワトリとたまご』

ある本がきっかけで、逃げるように東京に移住した日系アメリカ人の斎氣心。初めて心を開ける人に出逢うも、彼にDVをしてしまう。確執が長年ある母親のような自分に絶望した。原因は、母の「躾(暴力)」と女性ホルモンだと考え、低容量ピルYAZを服用したが、副作用で臨死した。古今東西の代替医療による精神治療を試行錯誤する中、幼児期に父親から受け始めた猥褻を自覚する。それでも問題が雪だるま化するため、両親に虐待の事実を問いただした。しかし己の被害を自他に明示できた瞬間、自分もきょうだいに性的加害をしていた記憶が蘇り...

2022-05-22から1日間の記事一覧

【16】『30代いいオンナへの道』

https://amzn.to/3PBDiwk 益田ミリさんのエッセイ『30代いいオンナへの道』を読み始めた。 まるで「お姉ちゃん」とガールズトークをしているみたいで、私は癒される。 私が育った家庭では、私が「お姉ちゃん」だったので、私にも「お姉ちゃん」がいればいい…

【16】『先生、私の隣に座っていただけませんか?』

映画『先生、私の隣に座っていただけませんか?』*1を観て感動した。 夫の浮気を知った後の主人公・佐和子。その冷静さには見習いたいものがある。私は怒りと悲しみで冷静さを保てず、佐和子のように上手に復讐できなかった。 物語の最後には清々しさを覚え…

【16】

二、三ヶ月ぶりに散歩した、そんな自分に◎ まず向かったのは、図書館。『尼さんはつらいよ』と『昨日うまれた切ない恋は』を返却し、予約しておいた『小さいことが気になります』を借りた。 気になっていたコロンビアの防水スリッポンはなかったけど、同じシ…