『きんしんかん:性加害のニワトリとたまご』

ある本がきっかけで、逃げるように東京に移住した日系アメリカ人の斎氣心。初めて心を開ける人に出逢うも、彼にDVをしてしまう。確執が長年ある母親のような自分に絶望した。原因は、母の「躾(暴力)」と女性ホルモンだと考え、低容量ピルYAZを服用したが、副作用で臨死した。古今東西の代替医療による精神治療を試行錯誤する中、幼児期に父親から受け始めた猥褻を自覚する。それでも問題が雪だるま化するため、両親に虐待の事実を問いただした。しかし己の被害を自他に明示できた瞬間、自分もきょうだいに性的加害をしていた記憶が蘇り...

【6】ケーキ箱 ひとり専用 千疋屋

f:id:twilighthues:20220226062150j:image京橋千疋屋には、ひとり専用のケーキ箱と袋が用意されていることに感動した。見ての通り手の平サイズ。

 

18時頃、空腹を感じ、デパ地下を歩き回っていると、ショートケーキが目に入った。

 

苺が旬の間は毎月、食べると決めているショートケーキ。

 

先日、スイーツ好きのハウスメイトNSさんから思いもよらず1ピース、プレゼントされて感動したばかり。けど、今月分を自分ではまだ買ってなかったことを思い出した。

 

なんの躊躇もなく、京橋千疋屋のカウンターで「苺のショートケーキをひとつだけください」と笑顔で注文。

 

去年の誕生日以来、ショートケーキを一切れだけ買うのもこれで3回目。

 

罪悪感なく、自分だけのためにケーキを一切れだけ持ち帰ることが板についてきた。自身の成長ぶりに喜びを覚えていた次の瞬間、思わず驚きの言葉を発した。

 

「ひとつ分の箱があるんですか?!」

 

「ひとつ分の箱も、袋も」と店員さんは笑顔で返答。

 

感激した。

 

店員さんが当然にように一切れ専用の箱にケーキを詰めてくれていることに。

 

ケーキをひとりで愉しむことを肯定してくれているようで、嬉しかった。もはやケーキ以上に、そのサービスに感動だ。

 

他店でケーキを一切れ買う場合、ケーキがズレないよう店員さんが箱を細工してくれる。この手間をかけることに私はどうしても申し訳なさを感じていた。資源を無駄遣いしている感じも否めない。でも千疋屋は〝その申し訳なさは一切ご無用です〟と言ってくれているよう。

 

無自覚ながら38歳まで抱いていた「ケーキを一切れだけ持ち帰る願望への後ろめたさ」を一気に解消してくれる瞬間だった。罪悪感の塊に感じる「一切れ分のケーキ」が入った箱と袋を持つ帰り道、自然と足元が弾んだ。

 

f:id:twilighthues:20220226062143j:imageひとり分のケーキの箱が入る千疋屋の袋。

 

f:id:twilighthues:20220226165606j:image

f:id:twilighthues:20220226165845j:image

f:id:twilighthues:20220226165609j:imageケーキ2個は入らないサイズ感。紛れもなくケーキひとつ分の箱だ。保冷剤のスペースは確保されている抜かりなさ。f:id:twilighthues:20220226165847j:image箱の中、コンパクトに収まる尊い佇まい。


f:id:twilighthues:20220226165603j:imageケーキのお供として、世界チャンピオンのバリスタが勧める方法で、ブラジル産スペシャリティコーヒー豆をハンドドリップしておいた。


f:id:twilighthues:20220226165600j:image脱透明フィルム。


f:id:twilighthues:20220226165621j:image一番映えるアングル。


f:id:twilighthues:20220226165856j:image背後の姿。


f:id:twilighthues:20220226165612j:image横顔。


f:id:twilighthues:20220226165851j:image挑戦的な視線。


f:id:twilighthues:20220226165624j:image真上からの眺め。

 

f:id:twilighthues:20220226170055j:imageコーナーからいただく。


f:id:twilighthues:20220226165627j:image一口目。上段のスポンジには厚みがあり、苺は大きめにカットされて、みずみずしさを感じる。


f:id:twilighthues:20220226165838j:image

二口目。生クリームの層がもう少し厚い方が、スポンジと苺とのバランスがとれ、口の中で一体感が強まると感じた。


f:id:twilighthues:20220226165618j:image三口目。やはりスポンジの主張が先にきてから、後から苺の甘酸っぱさを感じる。生クリームは控えめ。


f:id:twilighthues:20220226165615j:image苺を持つとくっついてくる上半分の層をいただく。


f:id:twilighthues:20220226165841j:image最後の一口。


f:id:twilighthues:20220226165854j:imageごちそうさまでした。

 

いろんな苺ショートケーキを食べて比較することで、それぞれの特徴が見えてきて、とても楽しい。

 

来月も楽しみだ。