『きんしんかん:性加害のニワトリとたまご』

ある本がきっかけで、逃げるように東京に移住した日系アメリカ人の斎氣心。初めて心を開ける人に出逢うも、彼にDVをしてしまう。確執が長年ある母親のような自分に絶望した。原因は、母の「躾(暴力)」と女性ホルモンだと考え、低容量ピルYAZを服用したが、副作用で臨死した。古今東西の代替医療による精神治療を試行錯誤する中、幼児期に父親から受け始めた猥褻を自覚する。それでも問題が雪だるま化するため、両親に虐待の事実を問いただした。しかし己の被害を自他に明示できた瞬間、自分もきょうだいに性的加害をしていた記憶が蘇り...

【17】近親姦ドキュメンタリー「Just Melvin: Just Evil」

祖父による近親姦について関するドキュメンタリー動画

 

2001年のアメリカのドキュメンタリー映画Just Melvin: Just Evil」。

www.youtube.com

監督James Ronald Whitney(ジェイムズ・ロナルド・ウィットニー)

作品ではジェイムズの祖父Melvin Just(メルヴィン・ジャスト)が犯した近親姦について、関係者たちが顔を出して語っている。ジャストは孫のジェイムズや、ジェイムズの母親(ジャストの娘)、オジ、オバ、義理のオバ、姉妹、新しい妻の娘たちに強制猥褻や強制性交等を犯した。子供たちの中には2歳の娘や3歳の身体障害者もいた。

 


ジャストは1980年代に逮捕・起訴され禁錮8年の刑を受けた。そしてたった8年で出てきた。ジャストはドキュメンタリーで全否定する。