『きんしんかん:性加害のニワトリとたまご』

ある本がきっかけで、逃げるように東京に移住した日系アメリカ人の斎氣心。初めて心を開ける人に出逢うも、彼にDVをしてしまう。確執が長年ある母親のような自分に絶望した。原因は、母の「躾(暴力)」と女性ホルモンだと考え、低容量ピルYAZを服用したが、副作用で臨死した。古今東西の代替医療による精神治療を試行錯誤する中、幼児期に父親から受け始めた猥褻を自覚する。それでも問題が雪だるま化するため、両親に虐待の事実を問いただした。しかし己の被害を自他に明示できた瞬間、自分もきょうだいに性的加害をしていた記憶が蘇り...

3) 『ザ・レイプ・オブ・南京ー第二次世界大戦の忘れられたホロコースト』/アイリス・チャン著

p6 まえがき

中国の首都での日本の暴行は恐ろしいものだった。兵士の大量処刑と数万人の市民の殺戮と号館は、あらゆる戦争法規に違反して発生した。さらに驚かされるのは、それは公然たる暴虐であり、明らかに意図された凶行だった。それは国際的な監視者たちの眼前で実行され、彼らの生死の努力を全く無視して進行した。

 

p7 南京の人々を暴挙しようとする国際的な活動を指導したドイツのビジネスマンでナチ党員ジョン・ラーべの日記はチャン女史が発掘した文献の一つである。

 

南京大虐殺は西側の世界ではほとんど忘却されていた。そこに、この本の重要性がある。「忘れられたホロコースト」と呼ぶことでチャン女史は、第二次世界大戦における何百万人もの罪のない人々のヨーローッパでの殺戮とアジアでの殺戮の連携を描き出す。

ーウィリアム・C・カービーハーヴァード大学 近代中国史教授 世界史学部学部長

 

p9 人間の同じ人間に対する残忍性の記録は長々と続く悲しい物語である。しかし、恐怖の物語の無慈悲さの度合いにも等級があるとするならば、その強烈さと規模において、第二次世界大戦期に起きた南京大虐殺に匹敵する残虐行為は世界史上にわずかしかないだろう。

 

p10 1937年12月に南京が陥落したとき、日本軍の兵士たちは世界史的にもほとんど類例のない残虐行為の狂宴をくりひろげ始めた。何万人もの聖人が駆り立てられ、家畜のように市外に集められ、あるいは機関銃でなぎ倒され、あるいは健闘の練習だいにされ、あるいはガソリンの浸して生きたまま焼かれた。何ヶ月もの間、市内には死体が積み重なり、腐敗して、死臭が漂っていた。

 

p11 本書の目的はこの出来事を歴史上のもっとも邪悪な行為として立証するために数量的な記録を確認することではなく、この出来事を理解することによりそこから教訓を得て、警告を発することができるようにすることである。

 

p12 南京大虐殺は、虐殺された人々の数だけでなく、彼らの多くが、恐ろしく悲惨な状態で死んでいった事実においても、起草されなければならない。中国人の男性は、十頭の練習や、銃剣の練習や、首切り戦争で殺害された。強姦された中国人の女性は二万人から八万人に上ると見積もられる。多くの兵士は強姦に飽き足らず、女性の腹を裂き、胸を切り取り、生きたまま壁に釘付けにした。家族の見ている前で、父親が娘をお菓子、息子が母親を犯すことを強いられた。生き埋めにして、去勢し、内臓を切り刻み、火あぶりにするといったことが当たり前のように横行しただけでなく、舌を銅鉄の

鉤にかけて吊るしたり、腰までを生き埋めにした人がシェパード犬に引き裂かれるのを見物するというような、一層悪魔的な拷問が行われた。そのおそましい光景は当地に滞在していたナチ党員をも戦慄させ、「けだもの集団」の所業と言わしめた。

p