『きんしんかん:性加害のニワトリとたまご』

ある本がきっかけで、逃げるように東京に移住した日系アメリカ人の斎氣心。初めて心を開ける人に出逢うも、彼にDVをしてしまう。確執が長年ある母親のような自分に絶望した。原因は、母の「躾(暴力)」と女性ホルモンだと考え、低容量ピルYAZを服用したが、副作用で臨死した。古今東西の代替医療による精神治療を試行錯誤する中、幼児期に父親から受け始めた猥褻を自覚する。それでも問題が雪だるま化するため、両親に虐待の事実を問いただした。しかし己の被害を自他に明示できた瞬間、自分もきょうだいに性的加害をしていた記憶が蘇り...

No More Child Sex Abuse
English follows Japanese

「安楽死をしよう」と決めてから、「希望」と「安心感」を覚え始めました。


自分は「幸せな家庭で特別な愛情を受けて育ったんだ」と思い込んでいましたが、私は4歳の時から父親の強制わいせつ等を受け始め、母親からも体罰などを受けて育ちました。


思い返せば、幼児期からあらゆる精神病の症状が出ていましたが、それを自覚し始めたのは20代後半からのこと。治療を続ける中で「虐待」を受けていたことを徐々に認めることができました。すると今度は、親の影響で私自身も年下の弟に性的虐待や精神的な虐待をしていたことに気づきました。


現在は、恋人を言葉の暴力・浮気などの裏切り行為などで精神的に追い込んでしまいます。


自分を「大切に育ててくれた」と思い込もうとしていた両親から「やっはり裏切られていた」ことを認めるのは辛いですが、自分が大切に思っている人を無意識に傷つけてしまっていることはそれ以上に苦しい現実です。


私は複雑性心的外傷後ストレス障害(C-PTSD)及び月経前増悪(PME)を発症しており、古今東西の代替医療を試行錯誤していますが、トラウマとは共に生きねばなりません。


そこで私は、長年支えてくれた彼氏を看取ったら、安楽死が合法なスイスで自決する予定です。


その日まで「子供への性行為は虐待であり暴力である」という認識を持ちながら、被害者が減り続ける社会を想像・創造します。


性的虐待をはじめとする犯罪を理解するためには、「被害者が加害者になる連鎖」について認識する必要があります。私は被害者になってから加害者にもなりました。加害者を作らないためには、被害者を作らないことが大事です。


被害者が一生かかっても完全には回復しないのと同じように、加害者の更生も時間がかかり過ぎます。そのため終身刑・死刑を受けて見せしめになることが、最後に残された社会貢献の道でしょう。しかし、加害者も元々は被害者であった可能性の高さから、安楽死を加えることが前提条件だと思っています。


また被害者・加害者を増やさないためには、性教育を大人が学ぶことが必要不可欠です。大人が性教育を合格点を取れたかどうかは、子供が他人の境界線を尊重できているかどうかで判定できます。子供は大人の言葉以上に、行動を見て育つからです。


最後に、日本人は「被害者としての歴史」だけでなく、「加害者としての歴史」にも向き合わないとなりません。#南京大虐殺 #731部隊は日本の過ちであり、それを否定するのは恥です。私は歴史から真実を学ぶ姿勢でいます。

About the Blogger


Cocoro Psyché is an incest awareness activist, based in Tokyo.


In 1983, Psyché was born to Japanese parents who immigrated to the United States in the '70s. While Psyché tried to believe that she was getting "a special kind of affection and attention from her parents," in reality, her father molested her when she was about four years old and this traumatic event was just a prologue to a series of indecency which continued to her thirties. Her mother also tormented her with corporal punishment and verbal abuse.


In hindsight, she has been experiencing various psychotic symptoms since early childhood, but it wasn't until her mid20s that she began to realize them.


While treating her chronic depression or Complex-PTSD and Premenstrual Exacerbation (PME), she realized the need to stop denying her parent's crimes. She confronted them but their words and actions only validated their hypocrisy. 


Meanwhile, admitting her victimhood forced Psyché to realize that she had also become a perpetrator by sexually harassing and bullying her younger brothers until their teenage years; as a way to rebel against her parent's misogynistic abuse.


She is continuing to undergo various kinds of holistic treatment to help control her long-suppressed anger, which often leads to verbal abuse against her partner.


As a risk hedge against the probability that her pace of recovery will stagger with age, she is preparing to seek assisted suicide in Switzerland after her partner passes away.


Until then, Psyché is committed to stopping this vicious cycle of victims becoming perpetrators. By spreading the awareness of incest and its consequences, she hopes to create a safer home and society for children, who are our future.


Utilizing her career as a translator, she translates English documentaries on incest into Japanese as well as writes about incest problems in Japan to shed light on what needs to be done on a global scale.


She believes that more Japanese need to acknowledge its wartime atrocities and stop denying the gang rapes and genocide during the Nanking Massacre and 731 Unit's live human experiments.


I am deeply sorry for my ancestors' inhumane crimes against people of fellow Asian countries and beyond.

Cocoro Psyché