「やめて」・にげて・はなして。身内から子どもへの性犯罪:被害者から加害者になった私・犯免狂子が精神治療から学んだこと

4歳から父の猥褻・母の体罰が「愛情表現」と教わり、混乱の吐口としてきょうだいに性的・精神的な加害をしていことを治療中に自覚。3つの気づき:①家庭内で子どもへの性犯罪が、加害者の「無自覚」のうちに起きている。②性被害を否定することは、自己防衛本能が正常に作用しているからだが、否定し続けても苦しみは増す一方である。③被害を認めて精神治療を初めないと、被害者も「無自覚」のうちに自他を傷つけ加害者になってしまう可能性が高い。精神疾患「複雑性心的外傷後ストレス障害(C-PTSD)」歴35年以上。

感想文

【12】人生を変えた一冊『ザ・レイプ・オブ・南京』

『ザ・レイプ・オブ・南京〜第二次世界大戦の忘れられたホロコースト〜』(アイリス・チャン著)の洋書を読んでいなかったら、私は日本に移住していなかったでしょう。 この本は、日本帝国軍がアジア諸国を侵略した歴史と、その歴史的事実を隠蔽しようとして…

⚠︎性別違和+性被害『女の体をゆるすまで』

【感想】自然な性別違和も、ジェンダーバイアス(性被害)で悪化する 斎氣心『女(じぶん)の体をゆるすまで』ペス山ポピー(著) 己の性別に違和感を感じることと、セクシャル・ハラスメント(性被害)を受ける・加えること。これらはジェンダーバイアスという共…

田房永子さんの『キレる私をやめたい』とゲシュタルト療法の効果

彼氏にキレてDV・モラハラを辞めるために、母親への怒りを解消したい。 私はこういう想いで、田房永子さんのコミックエッセイ『キレる私をやめたい〜夫をグーで殴る妻をやめるまで〜』を2018年に読み、ゲシュタルト・セラピーのことを知り、ワークショップと個…

⚠︎廣瀬爽彩さんの絵【旭川いじめ隠蔽】

廣瀬爽彩さん(14)が、複数の小中学生から性的虐待を受けた精神的苦痛によって自殺に追いやられたにもかかわらず、イジメを否認し隠蔽しようとしている学校や教育現場の実態が明らかになった「旭川イジメ隠蔽事件」。性犯罪を学校ぐるみで隠蔽しようとする…

⚠︎『セックス依存症』と性的虐待との関係

【感想】「したくもないのにセックスをしてしまう」のは親からの性的虐待が原因だった 斎氣心 『セックス依存症』斎藤彰佳(著) 「自分もセックス依存症かもしれない......」と私が初めて思い始めたきっかけは、漫画家・津島隆太さん。AbemaTVの変わる報道…