『きんしんかん:性加害のニワトリとたまご』

ある本がきっかけで、逃げるように東京に移住した日系アメリカ人の斎氣心。初めて心を開ける人に出逢うも、彼にDVをしてしまう。確執が長年ある母親のような自分に絶望した。原因は、母の「躾(暴力)」と女性ホルモンだと考え、低容量ピルYAZを服用したが、副作用で臨死した。古今東西の代替医療による精神治療を試行錯誤する中、幼児期に父親から受け始めた猥褻を自覚する。それでも問題が雪だるま化するため、両親に虐待の事実を問いただした。しかし己の被害を自他に明示できた瞬間、自分もきょうだいに性的加害をしていた記憶が蘇り...

「NO」と言うこと SATCサマンサ役キム・キャトラル

ニューヨーク在住で仲良し4人組の女性たちの人間模様を描くドラマ『セックス・アンド・ザ・シティ(SATC)』の新シーズン『And Just Like That(『SATC新章』)』に、サマンサ・ジョーンズの姿がない。設定ではサマンサだけ、ロンドンに引っ越したことになっていて、キャリーの旦那の葬式に棺桶用の花を贈ったことになっていたり、キャリーがパリのセーヌ川に散骨した後に、バーで落ち合ったことになっていたりするけど、実際には姿を見せない。

 

随所でサマンサの存在を間接的に感じることはできるが、SATCはこれまで4人がどんなに喧嘩しても国境を超えても連絡を取り合い、近況報告をし合っていた。しかもサマンサは4人の中で一番カラッとしたキャラ設定でもあったので、いきなり一度も顔を見せないというのは彼女らくない。全シーズンと映画を見てきた一SATCファンの私にはとても不自然に見えた。

 

納得できる理由を求めてネットで検索したら、サマンサ役のキム・キャトラル(以後キム)には出演絵ファーがなかったことを知った。それは、キム自身がサマンサ役を続けたくないことを2016年から明確にしていたことが影響しているようだ。2017年に実現しなかった「劇場版SATC3」の台本にも問題があった。「ミランダの14歳の息子が自身の猥褻画像をサマンサが受け取り、迷惑する」というストーリーが組み込まれていた。キムは、サマンサというキャラクターにとって意味がある話だとは思えないと言った*1。サマンサの中の人と思えないほど理性のあるコメントである。

 

「SATCのセックス」と言えば「サマンサ」が真っ先に思い浮かぶほど性的に奔放な役柄で強烈な印象を与えたキム。「あなたに対する一番大きい誤解はなんですか?」と聞かれ「私がSATCのサマンサではないことね」と答え、ジャーナリスト・スカヴラン(Skavlan)の番組で会場が一斉に笑った。*2

 

インタビューに受け答えするキムはとても真面目な人だということがわかり、サマンサの役柄とのギャップの大きさに女優としての素晴らしさが実感できる。サマンサのような女性は「非現実的」とキム自身も言っているが、サマンサ=キムと勘違いされるほど、説得力のある演技だった。

 

個人的には、サマンサは架空の人物としては面白いけれど、「非現実的」だからこそ感情移入しずらいところがあった。この強烈なキャラクターを演じるキムは一体どんな人なのだろうと過去に調べたこともあったけど、その時はよくわからなかった。でも今回、彼女がサマンサ役を拒否していたことを知って、キムの人間性を知ることができた気がしている。

 

「NOと言うこと」についてキムがスピーチする動画があり、彼女の人間性がわかりやすいと思ったので和訳した:

私の私生活やキャリアなど様々な場面での舵取りをする際にとても重要なことについて共有したいと思います。とても単純であると同時にとても複雑でもある言葉です。その言葉は「No(ノー)」です。*3

No、自分には無理です。*4

No、それはもう懲り懲り。*5

No、私は虐待に反対します。*6

No、そのお給料ではお受けできません。*7

No、あたなのホテルの部屋でミーティングすることを断ります。*8

そして私が一番気に入っているセリフは:

No、楽しくない状況に一秒たりともいたくありません。*9

「イエス」ということに解放感を覚えることもありますが、「ノー」ということはとても強力的です。「ノー」という言葉は脳から口に移動するのに困難なことがあります。女性の権利や意見が聞いてもらえない現状で、それはとても衝撃的な状況を

Now, while saying "yes" can be liberating, saying "no" well that's very very powerful.

The word "no" has difficulties sometimes traveling from the brain to the tongue. There can be situations shockingly today where a woman's rights or opinion is not readily listened to, which makes this basic word "no" all the more important. "No" helps define yourself, your boundaries and your goals. It keeps you creative and embraces. It embraces change. It can allow you to transition out of one chapter and believe that well there will be more exciting chapters to come. 

Saying "no" to the past is saying "yes" to your future.

because ultimately you are the screenwriter in the movie of your own life. 

 

 

www.youtube.com

 

17:28

I know you have talked in the past about the stigma you say you face for not having children do you still face that are things changing

I continue to mentor young women, so I feel that part of me that maternal side of me is expressed and I still feel that is my role as a mother just because you don't have children doesn't mean that you don't have maternal instinct its just part o being part of human and not just female. and I get a tremendous amount of pleasure and they're not just young actresses I give talks, I give a lot of my time to I feel people first of all need it. are working hard on battling through what it is to be 20 now which is really complicated. 

60s is actually easier in some ways

 

www.youtube.com

キムはセクシャリティーについて本を2冊の出していて、一冊は男性に向け、一冊は女性に向けて書いている。男性むけの方のタイトルは『Satisfaction: The Art of the Female Organism(満足感:女性のオーガニズムという芸術)』で「多くの女性がとても関心を向けていることであり、男性にももう少し関心を持ってもらいたいことが書かれています。これはカップルが性的に満足できるようになるためですが、それにはコミュニケーションが大事です。」とキムは話す。

 

 

*1:

*2:

*3:I want to share with you something that has been a tremendous help to me over the years in navigating my personal life and managing a career in all manners of situations. It's simple but at the same time, it's very complicated. It's a word and the word is "No."

*4:No, that's not for me.

*5:No, I've been there, I've done that.

*6:No, I won't be bullied.

*7:No, that salary is unacceptable.

*8:No, we are not having a meeting in your hotel room.

*9:And one of my favorites in particular: No, I don't want to be in a situation for a moment that is not enjoyable.