『きんしんかん:性加害のニワトリとたまご』

ある本がきっかけで、逃げるように東京に移住した日系アメリカ人の斎氣心。初めて心を開ける人に出逢うも、彼にDVをしてしまう。確執が長年ある母親のような自分に絶望した。原因は、母の「躾(暴力)」と女性ホルモンだと考え、低容量ピルYAZを服用したが、副作用で臨死した。古今東西の代替医療による精神治療を試行錯誤する中、幼児期に父親から受け始めた猥褻を自覚する。それでも問題が雪だるま化するため、両親に虐待の事実を問いただした。しかし己の被害を自他に明示できた瞬間、自分もきょうだいに性的加害をしていた記憶が蘇り...

【19】ケーキを独り占めする背徳感を克服

 

 

♡朝食は、ご飯といんげんのギーと醤油炒め

 

彼からもらったグラハムクッキー、完食。口がさみしかった。

 

♡ハウスメイトHGさんから誘われたランチは不参加。断る勇気を持てている近頃の自分の成長を感じている。言い訳はしない。ベストなタイミングを楽しみにするのみ。

 

✔︎洗濯

 

♡昼、チャンジャー、米

 

□今は、彼と物理的・精神的な距離を保つ。彼にLINEした。彼は電話に出たくないと言う。その理由は前回、私が自分自身の過ちへの不満を怒り任せに通話で彼に八つ当たりし、気分を害したから。彼への甘えの度が過ぎてしまう自分の癖を治すために距離を置く。

 

♡『職業、お金持ち』読書

 

♡新しい机と椅子を設置。NSさん、手伝ってくれてありがとう。

 

✔︎クッキー仕込み

 

♡菜の花お浸し

 

♡もやし、ネギ、油揚げのナムル

 

♡♡♡苺のショートケーキ独り占め。

NSさん、ありがとう。f:id:twilighthues:20220216000952j:imagef:id:twilighthues:20220215231319j:image

 

甘党のNSさんが、食べそびれたために翌日リベンジで買ったショートケーキを、私の分も買ってきてくれた。

 

昨日テーブルに置いたケーキ代の600円はまだ置いたまま、NSさんはそれを素通りする。私は引っ込めるのも違う気がして、置いたまま。NSさんには少々気まずい思いをさせてしまったと思う。ごめんなさい。

 

そんななか、私とNSさんとHGさんが座っているテーブルでKKさんが「この600円誰のですか〜?」と聞いてくれたが、ほぼ同時にHGさんが別の質問をKKさんにしたため、話題は流れた。その間NSさんは無反応。忘れていたのではなくて、わざと受け取らなかったことを確信した。これは、お金を払った私がいけなかった。NSさんの気持ちを素直に受け取れなかった私がいけないのだ。

 

NSさんが席を外した時、KKさんが再び600円の持ち主は誰かと問うた。TYさんがもらっちゃっていいのかな〜と冗談ぽく言ったので私は「これはケーキ代としてNSさんに渡したつもりなんですが……」と言った直後にNSさんが戻ってきて、KKさんが「これNSさんのですか?」と聞くとNSさんは「私のじゃないです」と言う。私はお金を自分のポケットにしまい、NSさんに「ありがとう」と言った。NSさんが「ケーキは食べましたか?」と聞くので「まだです」と返答したら、呆れたように「早くたべなきゃ。生クリームですよ?」と言った。

確かに……!スープだって時間が経てば冷めて美味しくなくなっちゃう。ケーキだって早く食べた方が美味しい。ぐずぐずしてる場合じゃない。これは賞味期限との闘いでもある。

 

食べる覚悟が決まれば、やることはひとつ。さっさとコーヒーを淹れる。もう夜だったけど、ケーキのお供に美味いコーヒーは欠かせない。月初めに行きつけの珈琲店で挽いてもらったブラジル産のスペシャリティコーヒー豆の袋を開封し、ハンドドリップ。f:id:twilighthues:20220215233545j:image

f:id:twilighthues:20220215233429j:image

そして、ショートケーキを皿に乗せた。f:id:twilighthues:20220215233346j:imageこちら中心の上部の層にカスタードクリームも入っている。

 

f:id:twilighthues:20220215233601j:image三口目の写真。最初の二口はケーキに夢中で撮り忘れた。全体的に苺のスライスが大きく、見かけ以上に沢山入っている。

f:id:twilighthues:20220215233742j:imageブラジルコーヒーとの相性も抜群。f:id:twilighthues:20220215233751j:imageこんなに贅沢なものをハウスメイト複数名がいるなか、独り占めしていることへの後ろめたさを感じざるを得ないと言ったら、「ひとり分のケーキは一人で食べるもの」とKKさんが肯定してくれた。私が「美味しい」と漏らすとTYさんが「よかったねぇ」と囁く。みんな過剰に反応することもなく、普段通りに各々のことをしていたので、助かる。

f:id:twilighthues:20220215233801j:image

最後の一口はいつだって名残惜しい。f:id:twilighthues:20220215233809j:image

無事完食。ご馳走様でした。NSさん、至福のひとときをありがとう。

 

去年の誕生日の翌日、ケーキを一切れ買って持ち帰ることをデビューした私。それだけでかなりの自身の成長を感じたものだが、その時だって、自室でひとりでいただいた。

 

今回は皆んなの前で自分だけが食べるという更なるハードルを超えられた。天罰は下されなかった。罪悪感を感じて自分を苦しめていたのは自分の頭の中の声。むしろ周りからは「美味しいうちに食べて」「よかったね」という声が聞けた。

 

やさしい。

 

去年の12月から宣言していた。「毎月、違う店の苺のショートケーキを食べる」と。2月は今回が初で、計3回目となった。自分で買いに行く予定だったのが、まさかNSさんが奢ってくれ、デリバリーしてくれた。それは、ラ・グランデ・シュルプリーズ。

 

今回、「ひとり苺のショートケーキ」から学んだこと:

*受け取り上手になる。

 

♡色ペンで日記

 

今和次郎の読書会。KSさんとTYさんが会話しているのを聞いていただけだが、興味をそそられた。終わってから私も会話に参加。楽しかった。

 

*四歩

 

*下高井戸jazz keiren の茄子天

 

♡初めて「弾丸の旅をしてみたい」と思えたのは、帰りたい場所を見つけたから。ハウスメイトのTYさんも喜んでくれた。

 

♡ベッドの中で履くヘンプシルク靴下、気持ち良い

 

♡湯たんぽ

 

本予約:モバイルハウス

□家計簿

Kidsline

税金

カード入金

クッキー焼くー卵常温、

洗濯

 

Qol

ダチョウのはたき

ヒンメリ、スワロスキーのDIY ビーズ確認

クッション