安楽死に生きる

「恵まれた家庭で特別な愛情を受けた」と思い込もうとしてきたが、実際は父の強制わいせつ等を4歳から受け始め、母からも体罰など受けていた。思い返せば幼児期からあらゆる精神症状が出ていたが、自覚し始めたのは20代後半。治療を続けるうちに「虐待」を徐々に認めることができた。すると私自身も弟に性的虐待等をしてきたことに気づいた。現在は、恋人を言葉の暴力や浮気などの裏切り行為で精神的に追い込むDV女(38)に豹変する始末。世の生き地獄で見つけた唯一の希望が「安楽死」。その日まで子供への性犯罪がない社会を想像・創造する

【1】ゴーラー一族の近親姦ドキュメンタリー

近親姦(incest)を何世代も続けていた「ゴーラーー族」についてのドキュメンタリー動画「The Golers: The Untold Story」が、今も続く社会問題を浮き彫りにしている。

Inquiry

www.youtube.com

 

ゴーラーー族(The Goler Clan)は、カナダ東部ノヴァ・スコシア(Nova Scotia)の山地で、社会福祉を受けながら貧困の暮らしをしていた。1984年、一族の少女(14歳)が、父親が男の子を生ませようとしてくるから帰りたくないと学校職人に話したことで事件を明るみにすることができた。子供達12人は、父、母、おじ、おば、姉妹、兄弟、いとこ、そしてお互いによる性的虐待の被害者だった。

 

大人たちは皆こどもの頃、同じように身内から性的被害を受けていた。一族の家系を研究したアカディア大学の社会学者は「一族の近親姦は1860~70年代頃から始まった」とみている。

 

大人の男女15人が逮捕され百数十件の嫌疑で告発されたが、彼らには自分たちが罪を犯したという認識がなかった。

 

IQテストを行ったところ、全員が知的障害者であることが確定した。罪を犯したことを理解できなかった、と彼らの弁護士はいう。

 

しかし子供達の弁護士によると「大人たちにも善悪の分別があった」という。強制性交等を行っている間、他の子供を見張りに使うことがあったり、静かにしないと暴行を加えたり、秘密を守れば褒美を与えてたりしていそうだ。

 

近隣の住民からは「彼らを牢獄に閉じ込めるより、精神的な援助を受けさせた方が良い」という意見も少なくなかった。

 

しかし大人たちに「問題があった」という認識がないため、精神医学治療は効かないと判断した検察側は、より長い懲役刑を求めていた。

 

大人たちは結局、保護された子供達12人(6~16歳)に近づかないことを法廷から命じられ、$500で釈放された。

 

キリスト教を始めた一部の大人の中に、自分の子供には決して通わせなかったが、すっかり信者になっている者もいて「決して見せかけではない」と主張した。

 

一族の中にいる首から下が麻痺している男性に聖書を読み聞かせるために家に通っている牧師は「彼らの行動に大きな変化を感じられる」と話した。

 

が、裁判官たちからすると、何も変わっていなかった。

 

その後、大人の男女15人はそれぞれ再犯して懲役刑を受けた。

ウィリー・ゴーラーは校門性交、猥褻行為、近親姦の有罪で懲役7年。

ウィリーの内縁の妻ワンダ・ウィステンは子供8人に性的暴行を加え懲役4年。

クランズウィック・ゴーラーは12歳の従兄弟に校門性交を加え懲役6年9ヶ月。

クランズウィックの妹ジョシー性的暴行で懲役6ヶ月。

ジョシーの元交際相手アール・ジョンストーン、少年に口腔性交を加え6ヶ月。

ジョシーの妹メアリー、性的暴行をし懲役1年。

メアリーの夫ロレンス・ジョンストーン、姪に校門性交をし懲役2年半。

ウィリーの兄弟トム・ゴーラー、甥と姪に校門性交をし懲役3年。

トムの元義理の兄弟ロイ・ヒルスは7歳の少女に校門性交をし懲役1年。

ウィリーの元義理の兄弟ユージーン・ブラウンは甥や姪に性的虐待をし懲役2年半。

ウィリーの元義理の兄弟ラルフ・ケリーは7歳少女に校門性交をし懲役3年。

ラルフの兄弟ローレンス・ケリー12歳の少女に強制性交をし懲役1年。

セントクレア・ジョルドりーも12歳の少女に強制性交をし懲役1年。

チャーリー・ゴーラー・ジュニア、14歳以下の従姉妹に強制性交をし懲役2年。

幼児期に性的虐待を受けた認識のあるビリー・ゴーラー性的虐待をし懲役3年。

 

子供達12人に関しては、長年の性的虐待によるトラウマから回復はしないだろうとみる裁判官もいたが、「すぐに最高な精神治療を受け、素晴らしく回復している」という報告もあるそうだ。子供5人は里子に引き受けられ、5人は児童養護施設で保護されている。レポーターによると「最年長の二人は十代で、児童養護施設で多くの問題を起こしているため、刑務所に再び戻ってくる可能性もある」とのこと。

 

レポーターは続けた「いずれにせよ、ほとんどの場合、子供達はより良い生活をしているように見える。貧困生活から比較的裕福な中流階級の家庭で育てられている。彼らにも将来がある」。

 

大人のうち8人はキングストン刑務所に服役している。彼らは精神治療をほとんど受けていない。「模範囚」と言われることもあるそうだが、いまだに罪を認めないため、仮釈放になることはないという。他の5人は地元に戻り、政府が用意した家で暮らしている。

 

子供の一人Donner Golerは、より厳しい児童虐待防止法や刑法の改正に関する活動をしている。

 

この事件については洋書が出版されている:

On South Mountain: The Dark Secrets of the Goler Clan 

amzn.to

 

著者はDavid Cruise & Alison Griffiths (2017)

 

 

 

関連動画:

www.imdb.com